マッチョ 太る

マッチョに太るにはどうする!?

ガリガリの「やせ体質」に悩んでいる方は少なくありません。

 

メタボを気にしている方から見れば「贅沢な悩み」と言われてしまいそうです。

 

しかし、太れない体質もメタボ同様に問題です。

 

「太る」と言っても、色々な太り方があります。
ふくよかでソフトな感じの体型。
あるいはムキムキな筋肉質な体型。

 

目標は十人十色です。

 

今回は、「マッチョに太る方法」を考えてみましょう。

 

太るという目標を達成できたとしても、不健康になってしまっては意味がありません。
身体の中も外も鍛え上げて魅力的な体型を目指すには、どのような方法があるでしょうか。方法には三大要素があります。

 

それは、「食事」「運動」「睡眠」です。

 

マッチョのイメージに、筋肉は欠かせません。

 

筋肉をつけるために、どんな食べ物が効果的でしょうか。
タンパク質は必須です。
中でも、必須アミノ酸と呼ばれている成分を含む食材は特に重要です。

 

その理由は、必須アミノ酸はヒトの体内で生成することができない物質だからです。

 

また、完全食品と呼ばれている卵や牛乳も、筋肉を作る大切な食材です。
乳幼児はミルクだけで成長します。
卵は将来、ヒヨコになります。

 

ミルクと卵は機能性の高い食材の代表格です。
魚や鶏肉などを取り合わせ、飽きのこない調理法を使い、タンパク質を継続的に摂取することをおすすめします。

 

さらに、効率良く筋肉をつけるためには「ビタミンB6」が必要と考えられています。

 

ビタミンB6を多く含む緑黄色野菜をタンパク質と一緒に摂ることが「マッチョへの道」です。食事と同様に大切なのが運動。

 

筋肉を鍛える方法は色々とあります。

 

ジムは、その方法の一つです。
ジムには多くのトレーニング・マシンがあります。
また専門のトレーナーもいます。

 

トレーナーの指導を受ければ、ムダのないトレーニングを行うことができそうです。

 

一口に「筋肉」と言っても、つけるバランスや程度の目標は個人によって異なります。

 

ご自身の目指す「マッチョ像」を説明し、指導をうけてください。

 

筋肉がつくと体重が徐々に増えてきます。

 

ただし、筋肉は、運動し続けないと維持することができません。
一度、筋肉がついたからと言っても油断して運動をやめてしまうと、筋肉は脂肪に変身してしまいます。

 

脂肪が多いとマッチョのイメージはなくなります。
継続的に運動を続けて、筋肉が落ちないようにしましょう。

 

忙しくてジムに通う時間がない方もいらっしゃるかと思います。

 

そういう方は日常生活の中で、できる運動法を探してみましょう。

 

例えば、階段を使うようにする。
または、一駅分、歩いて通勤・通学するなど毎日、行えば効果を得ることは可能です。

 

自室でストレッチや筋力を増強する運動をすることで効果アップもできそうです。

 

今まで機械に頼って行っていた動作を、機械を使わずにやってみることも一案です。
食事と運動を常に意識しながら生活してゆくうちに、気持ちもマッチョっぽくなってゆきます。自信がつくと顔つきや態度も変化するので、風格もマッチョに。

 

加えて、良質な睡眠をとるようにしてください。

 

良質な睡眠は、成長ホルモンの分泌を刺激します。

 

成長ホルモンは全身の損傷を修復します。

 

簡単に「マッチョに太る」ことはできませんが、継続は力です。諦めずに続けてください。

 

 

>>>食事の前に飲むだけでマッチョに!?嘘みたいな話

関連ページ

健康的に太る方法とは
健康的に太る方法とは?健康的に太る方法を考えて見た結果・・・
太る方法、食べ物は何が良い?
太る方法、食べ物は何が良いのか?太る方法の場合の食べ物は何が良いのか調査してみました?
痩せ型の人が太るには
痩せ型の人が太るにはどうすれば良いのか?痩せ型の人が太るにはについて考えて見ました。