健康的に太る

健康的に太る方法とは?どうする?

よく太った体型は生活習慣病にかかりやすいと聞きますが、実は、痩せすぎ体型も病気になるリスクが高いとされています。

 

また、ガリガリで貧弱な見た目も悩みの種となり、本気で太りたいと思っている人も結構います。そういった人におすすめなのが、健康的に太る方法です。

 

 

太るためには、消費エネルギーよりも摂取エネルギーの方が上回った状態になる必要があります。
そのため、まずは胃腸を健康な状態にすることが大切です。

 

胃腸の調子が良くなることで、効率良く栄養を吸収できるようになり、摂取エネルギーを増やせるようになります。

 

胃腸の調子を整えるためには、冷たい物を飲むのは控えるようにします。

 

冷たい物は体を冷やすので、胃腸の調子が崩れやすくなるからです。

 

また、太りたいからといって、暴飲暴食するのは胃腸への負担が大きくなり逆効果となるので避けましょう。

 

ストレスも胃腸に大きく影響するので溜めないよう心がけましょう。

 

ストレスから自律神経の乱れやすくなり、胃腸の調子が悪くなります。

 

適度にストレスの発散をしていくことが大切です。

 

健康的に太るためには、胃腸を絶好調にすることが第一なのです。

 

太るための食事の摂り方としては、3つのポイントがあります。

 

・3食しっかり食べること
・夕食の量を増やすこと
・白米の量を増やしつつ、バランスのいい食事メニューを心がけること

 

太るために、3食しっかり食べるのは納得ではないでしょうか。

 

1日2食よりは3食の方が必然的に総摂取カロリーが多くなりやすいからです。

 

朝食抜きにすると太りやすいということもよく言われていますが、これは他の食事がドカ食いになりやすいからです。

 

これでは、健康的に太ることはできません。

 

栄養のバランスからしても摂取カロリー的にも、3食しっかり食べる方が健康的に太ることに繋がります。

 

また、夕食は朝昼に比べ、少し多めの量を食べるようにします。

 

これはダイエットで夕食の量を減らす方法と逆のことをするわけです。
ただし、食べ過ぎは次の日の胃もたれを起こしやすくしてしまうので、徐々に量を増やし習慣づけましょう。ちなみに太りやすい栄養素は、脂肪と炭水化物です。

 

ご飯の量を多めにしつつ、バランスのいい食事メニューにも心がけるようにしましょう。健康的に太るためにも大切なポイントです。

 

太るのであれば、運動はしない方がいいと思うかもしれませんが、それでは健康によくありません。
健康的に太るためには適度な運動も大切です。
ただし、太るためには運動のやり方にもポイントがあります。痩せにくい運動のやり方は、無酸素運動をすることです。
腕立てやスクワットといった筋トレや、100m走といった短距離を一気にダッシュする運動などが最適です。

 

無酸素運動は筋肉量を増やすことができ、見た目にもガッチリとして太ることができます。筋肉をより太くさせるためには、十分な回復と栄養が必要です。

 

運動は2〜3日に1回のペースで行い、睡眠もしっかり取るようにしましょう。

 

運動直後にプロテインを飲むのも効果的です。

 

逆に、水泳やマラソンといった有酸素運動は、消費エネルギーが高く痩せやすくなりますので注意しましょう。

 

 

ドクター・フトレマックス

関連ページ

太る方法、食べ物は何が良い?
太る方法、食べ物は何が良いのか?太る方法の場合の食べ物は何が良いのか調査してみました?
痩せ型の人が太るには
痩せ型の人が太るにはどうすれば良いのか?痩せ型の人が太るにはについて考えて見ました。
マッチョに太るには?
マッチョに太るにはどうすればいいのか?マッチョに太るには何が必要なのか考えてみました